学習の3つの柱


 

1.レポート学習


本校での学習は、ご自宅でのレポート学習が中心となります。
科目ごとにテキストを読み、課題に沿ってレポートを作成していただきます。
指定のスケジュールに従って提出し、教員による添削指導を受けます。

2.スクーリング


短期課程の方は7日間、一般課程の方は8日間のスクーリングは、全員必修となっています。
土日コース・夏期コースをご用意していますので、ご都合のよいコースでの参加申し込みを行っていただきます。(土日コースには定員がございます。)
各教科の担当講師の講義を直接受けることで、自宅学習では十分理解できなかった部分を補い、さらに学習を深めます。
テキストを前に1人で自宅学習を進めていると、疑問が生じたり学習の進め方について困惑することも多いと思います。そのような疑問・質問・国家試験のことなどをこの機会に投げかけていただき、スクーリングに参加された皆様と知識や情報を共有していただければ幸いです。
精神保健福祉援助実習を履修される方は、精神保健福祉援助実習指導スクーリング2日間の受講が別途必要です。

3.精神保健福祉援助実習


精神保健福祉の実践の場で対象者と直接かかわることで、支援活動の実際を学び、すぐれた実践力を身につけます。
地域分野は16日間・120時間以上(相談援助実習履修者は8日間・60時間以上)、医療分野は12日間・90時間以上の現場での実習が必要です。
精神障がいをお持ちの方への相談援助業務等の実務経験(※1)が1年以上ある方、他校で「精神保健福祉援助実習」及び「精神保健福祉援助実習指導」に該当する科目を履修された方は、実習が免除となります。

不安なことも多いでしょうが、実り多き実習となるよう教員が個別にサポートいたします。


※1 厚生労働省指定の施設において精神障害者に対して、相談援助又はサービス等を提供する業務での経験が1年以上あれば精神保健福祉援助実習が免除になります。

精神保健福祉援助実習とは???
卒業生の体験談です!