本校の5つの特徴



1.受験対策


「このような勉強方法でいいのかな?」と不安になることもありませんか。
そんなときには、ぜひ受験対策講座にご参加ください。
専門分野で活躍し、受験対策のエキスパートである当校の教員が、各科目をわかりやすくポイントをおさえてご教示します。
また、e-ラーニングシステムで過去問題やオリジナル問題を公開していますので、スマートフォンやタブレット・パソコンから、短い時間でも有効に受験対策ができます。
模擬試験は在宅受験が可能です。(年度により異なりますので、ご希望の場合は当校へご確認ください。)
詳細はこちら

2.日程が選べるスクーリング


7日間(短期課程)・8日間(一般課程)のスクーリングは、全員必修となっています。
「土日コース」「夏期コース」の2コースをご用意していますので、ご自身のスケジュールに合わせて選択していただけます。
ただし、土日コースには定員がございますので、お申し込みは先着順となります。

3.実習は個別にサポート


  実習を履修される方に担当者が個別で実習時期や施設種別等のヒアリングを行い、実習配属先を調整していきます。
本校では、西日本を中心に精神科等の医療機関、地域活動支援センター等の地域における精神障がい者を対象とした実習指定施設と全国で400カ所以上提携しております。
その年度によって実習先の受入れ状況が変わりますので、詳しくはご入学時に調整させていただきます。

4.アクセス抜群のスクーリング会場


ご自宅でのレポート学習の他に通信課程ではスクーリング(面談授業)を受講していただきます。
会場は、日本メディカル福祉専門学校(福祉学舎)で行います。当校の校舎は、大阪府外の方にもご来校いただきやすい立地となっています。
最寄り駅は、阪急京都線上新庄駅で、JR新大阪駅からは電車で約15分ほどの場所です。
阪急梅田駅・JR大阪駅からは電車で約10分ほどで、アクセスも抜群です。
もしくは、大阪市営地下鉄今里筋線だいどう豊里駅からもお越しいただけます。
遠方の方は、当校の学生であれば割引価格で宿泊できるホテルもご紹介しています。
「大阪・上新庄って遠いし、よく分からないし…」と不安に感じている方にも安心して通学していただけます。

5.学費サポートも充実!


本校の精神保健福祉士(通信)科は、教育訓練給付制度の対象講座です。
教育訓練給付金制度の利用をお考えの方は、まずはお住まいの地域を管轄するハローワークで受給資格の有無や支給要件を確認しましょう。
平成29年度からは短期課程に加え、一般課程も専門実践教育訓練給付金の対象となり、ハローワークへ事前申請が必要です。
平成28年度までにご入学の一般課程の方は、従来通りの「一般教育訓練給付金」の対象課程です。ご卒業後、1か月以内にハローワークにて所定のお手続きをご自身で行ってください。
※詳しくはこちら


また、ご入学時に学費のお支払を分割でご希望の方へは当校と提携のある教育ローン会社(オリコ)をご紹介しています。 ご利用を希望される方はご入学時にご自身で手続きが必要です。
※オリコに関する詳細はこちらをご覧ください。